おしらせ

 

BSプレミアム『新日本風土記』筑豊編放映

2016年 6月 23日

NHK・BSプレミアム「新日本風土記」にて、”筑豊”を題材に川渡り神幸祭が特集されています。

名称未設定 1

放映日は以下の通り。

◆6/24(金)午後9:00

◆7/1(金)午後8:00 再放送

“福岡県の中央に位置する筑豊。江戸時代から石炭の産地として知られ、明治以降、中小規模の炭鉱がひしめくように掘られた。最盛期には国内出炭高の50%を担い、日本の近代化を、地の底から支えた。
いまも残る「ボタ山」は、炭鉱の産業廃棄物を積み上げてできた山。そのふもとに暮らす人びとは、炭鉱住宅での日々を懐かしげに振り返る。そもそも「筑豊」という呼び名は、明治初期に石炭関連業者の団体名として使われたのが最初で、石炭とともに歩んできたその風土を現している。
筑豊の人びとの気質を表わす言葉がある。「川筋かたぎ」。川筋の川は、筑豊を流れる遠賀川。かつては石炭輸送の大動脈だった。荒っぽいが、底抜けに明るく、明日を憂うことなく、情に生きる。そんな「川筋かたぎ」は、死と隣り合わせにある炭鉱で育まれた。
筑豊は、ボタ山の風景はもちろん、川にも、商店街にも、歌にも、劇場にも、祭りにも、炭鉱で働いてきた人々の心が生きている。石炭産業の盛衰とともにあった筑豊の光と影を描く。”

~新日本風土記・放映内容より転載~

 

新日本風土記とは、

日本各地に残された美しい風土や祭り、暮らしや人々の営みを描く本格的な紀行ドキュメント番組です。

「新日本風土記」が目指すのは、未来への映像遺産です。日本人の原点や原風景をしっかりと見つめたい。

そして、未来の世代が、自分たちの足下を確かめるための材料を映像として遺したい。そんな思いを込めています。

をコンセプトに制作された番組。

美しい映像、やさしいナレーションに心に響く音楽。ハイクオリティな映像遺産をあなたの胸に、心に刻み込んでください。

番組公式サイト:「BSプレミアム 新日本風土記」http://www.nhk.or.jp/fudoki/index.html

 

グリーンカーテンプロジェクト③

2016年 6月 20日

毎日お世話をしているゴーヤがどんどん大きくなっています

素人が始めたゴーヤ栽培ですが、今は結構はまっています(笑)
朝夕2回の水やりから、週一の追肥(油かすを少々)、余った竹炭を砕いて土に混ぜる(あんまり意味ない??)、適宜伸びた親蔓を摘心する。

とりあえず今はこのくらいのお世話しかしていません(笑)
でも自分で育てる植物というのは可愛いですね🎵

13501560_721610431313843_4757505086779517199_n

 

13512095_721610441313842_3374307967446135624_n

 

「広報たがわ」6/15号に神幸祭載っています!

2016年 6月 15日

 

広報「たがわ」6/15号に川渡り神幸祭の記事が特集されています。

kouhoutagawa

田川市民の手元には届いているでしょうが、そうでない方は田川市役所からも読めるのでダウンロードください。

◆田川市役所HPはこちら http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/

◆広報たがわのページはこちら http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/kouhoushi/358/page.html?type=top

※PDFダウンロードにつき、お手持ちのパソコン・スマートフォンで閲覧頂けるかご確認ください

 

 

 

 

グリーンカーテンプロジェクト②

2016年 6月 9日

境内授与所前に設置したゴーヤの苗が、ゆっくりとですが着実に成長しています
素人ながらも自分達の手で土にわけた苗が、こうして成長しているのを見ると嬉しくなりますね。
まだまだか細いツタが、よりどころを求めて天に伸びる姿は健気に見えます。

13332899_714592342015652_866028686218310460_n

13346794_716503025157917_7159499862279011595_n

13412909_716503005157919_6124827403419053530_n

 

グリーンカーテンプロジェクト①

2016年 6月 5日

今年は試験的ではありますが…
伊田小中学生さんにもお手伝い頂いて、ゴーヤの苗を境内授与所前に設置してみました。
途中プランターの底に敷く軽石を忘れていた事に気付きましたが、
風治さつきの会さんからのご厚意で、軽石の代わりに竹炭をわけて貰って事なきを得ました(笑)
夏の日差しを遮るグリーンカーテンで少しでもエコに貢献
そして植物を育て収穫する喜びを学んで貰いたいと思います(^-^)/
ゴーヤの苗をプランターに植え、カーテンの導線にネットを設置して、大きくたくましく成長してくれる事を願います

13325478_714592148682338_962821406280547024_n  

13325550_714592088682344_7061830066985549191_n

 

13332899_714592342015652_866028686218310460_n

 

平成28年川渡り神幸祭、斎行致しました

2016年 6月 1日

5月21日(土)・22日(日)に行なわれました川渡り神幸祭、お陰をもちまして天候にも恵まれ無事に終えることができました。

両日あわせて23万人の来場と発表があり、田川市郡外からの観光客も増えつつあるようで大変有難く感じております。

過疎高齢化が危ぶまれる田川地域ですが、歴史と伝統、文化・風土など、そこに込められた先人達の願いを「祭り」という形で継承し続けていけたらと。

どうぞ来年もまた、郷土愛あふれる田川の「川渡り神幸祭」にお越し頂きたいと思います。

関係団体各位、またご協力賜りました地域の皆様、そしてご来訪下さいました方々に、この場を借りて心より御礼申し上げます。

 

当日の写真はこちら。

(写真はまつりin田川カレンダー部会・大瀬氏よりご提供頂きました。誠にありがとうございます。)

 

神幸祭・一日目(お下り)
 H28-1日目-001 H28-1日目-002
 H28-1日目-003 H28-1日目-004
 H28-1日目-005 H28-1日目-006
 H28-1日目-007 H28-1日目-008
 H28-1日目-009 H28-1日目-010
 H28-1日目-011 H28-1日目-012
 H28-1日目-013 H28-1日目-014
 H28-1日目-015 H28-1日目-016
 H28-1日目-017 H28-1日目-018
 H28-1日目-019H28-1日目-020
H28-1日目-021H28-1日目-022
H28-1日目-023H28-1日目-024
H28-1日目-025H28-1日目-026
H28-1日目-027H28-1日目-028
H28-1日目-029H28-1日目-030
H28-1日目-031H28-1日目-032
H28-1日目-033H28-1日目-034
H28-1日目-035H28-1日目-036
H28-1日目-037H28-1日目-038
H28-1日目-039H28-1日目-040
神幸祭・二日目(お上り)
H28-2日目-001H28-2日目-002
H28-2日目-003H28-2日目-004
H28-2日目-005 H28-2日目-006
 H28-2日目-007H28-2日目-008
 H28-2日目-009 H28-2日目-010
 H28-2日目-011 H28-2日目-012
 H28-2日目-013 H28-2日目-014
 H28-2日目-015 H28-2日目-016
 H28-2日目-017 H28-2日目-018
H28-2日目-019H28-2日目-020
H28-2日目-021H28-2日目-022
H28-2日目-023H28-2日目-024
H28-2日目-025

 

 

 

 

 

川渡り神幸祭・昭和の写真コンテスト

2016年 5月 20日

昭和年代に催された写真コンテスト作品が出てきたので、祭りの今昔を伝えるためにアップしました。

昔の町並みや川渡りの様子など、明日に神幸祭を控えた今、かつての時代に思い馳せて頂けたらと思います。

ptoto_yama1

photo_yama2

ptoto_yama2

photo_yama3

photo_siratori

photo_ekimae

photo_butokuden

photo_shisshi

photo_yama1

photo_odori

 

 

平成28年・川渡り神幸祭のご案内

2016年 5月 15日

◆第53回川渡り神幸祭写真コンテストパンフレット

当日は風治八幡宮ほか各所で配布しております
画像をクリックするとPDFが開きます ダウンロードしてお使いください

 

◆特定非営利活動法人・風治さつきの会パンフレット

表紙1-3-3

風治八幡宮ほか、特設ブースなど各所で配布しております
神幸祭限定ノベルティグッズの販売もあわせてしております

 

◇川渡り神幸祭御守 初穂料500円

ファイル 2016-05-15 19 19 49

みこしかき・山笠かつぎが胸から下げる御守です
神幸祭時期のみの授与となっています

 

◇車でお越しの方へ【特設駐車場・交通規制のご案内】

*無料駐車場*
県土木整備事務所 約100台
福岡県立大学 約200台
東田川ボウル跡地 約200台
田川市役所駐車場 焼く800台(シャトルバス乗降車場)

●無料臨時シャトルバス運行区間(田川市役所前~田川情報センター間)
※田川情報センターはシャトルバス発着場のため、一般車両駐車不可となります

 

*交通規制について* 
●5月21日(土) 12:00~17:00までの間
●5月22日(日) 13:00~19:00までの間

川渡り神幸祭のため神輿・山笠運行路周辺で交通規制がかかります。
警察ほか警備員の指示に従い、お車をお進めください

 

 ◇鉄道(JR・平成筑豊鉄道)でお越しの方へ

JR日田彦山線 「田川伊田駅」下車
へいちく伊田線・田川線 「田川伊田駅」下車

風治八幡宮まで徒歩5分、御旅所まで徒歩10分

駅正面口は神輿・山笠運行路となっています。車窓から見渡す神幸祭を楽しみにぜひご来社ください。

 

 

 

 

 

平成28年川渡り神幸祭 山笠出駕順

2016年 4月 29日

4月中旬、川渡り神幸祭・神幸寄にて、本年度の山笠出駕順が決定いたしました。

 

出駕順

1番山笠  大通り地区(本年度当番地区)

2番山笠  番田地区

3番山笠  橘地区

4番山笠  鉄砲町地区

5番山笠  新町地区

6番山笠  川端町地区

7番山笠  下魚町地区

8番山笠  下伊田地区

9番山笠  三井伊田地区

10番山笠 栄町地区

11番山笠 上伊田東地区

 

翌日曜の出駕順は逆になり、11番山笠から順番に川に入ります。

 

風治八幡宮川渡り神幸祭・第53回写真コンテストのおしらせ

2016年 4月 13日

筑豊の初夏の風物詩、川渡り神幸祭がもうすぐやってきます。
金色の鳳凰が煌めく大神輿が、多彩なバレンが彩る十数基の山笠たち、祭りを盛り上げる可愛らしい稚児舞や獅子楽などなど…
心揺さぶる熱い名シーンの数々を、あなたの視点でぜひ写してみませんか!?

A3外側28.3.27ホームページ用

題 材 

 風治八幡宮川渡り神幸祭をテーマにした自由作品

表 彰

【一般部門】
推薦1名 (福岡県知事賞/風治八幡宮奉賛会会長賞/毎日新聞社・日本報道写真連盟賞/田川光影会賞)
              賞金2万円 / 盾 / 賞状 / 副賞
◆特選3名 (田川市長賞/他)  賞金1万円 / 賞状 / 副賞
◆入選10名程度           図書券2千円 / 賞状 / 副賞
   ※未成年者が受賞した場合の賞金は同額の図書券に代えます

【カレンダー/ホームページ部門】

入選20名程度 図書券1,000円 / 賞状 / 副賞

※入賞者に2017神幸祭カレンダーを贈呈

サイズ

条 件

サイズの誤差は±1cm以内

【一般部門】
プリント四つ切り(25.4cm×30.5cm)
またはワイド四つ切り(25.4cm×38.5cm)
カラーまたはモノクロ写真/単写真のみ/フチなし/フィルム作品またはデジタル作品

【カレンダー/ホームページ部門】
プリント2L(12.7cm×17.8cm)以上
ワイド四つ切り(25.4cm×38.5cm)まで
カラーまたはモノクロ写真/単写真のみ/デジタル作品のみ

応募規定

①作品は平成28年5月20日祭り前夜~22日の間に撮影された作品に限ります。
②撮影の際は行事の妨げとならないように心がけましょう。
③肖像権は撮影者(応募者)が取得してください。
④応募者本人が撮影し、全ての著作権を有している作品に限ります。
⑤作品に加工処理を施しているものは応募できません。なお、自動補正とトリミングは可能です。
⑥写真はパネルや台紙に貼らずに応募してください。
⑦応募作品は返却しません。
⑧他のコンテスト等に応募又は応募予定の作品は当コンテストに応募できません。
⑨6月末、主催者は賞の候補者に作品のフィルムもしくはデジタルデータ(CD)の提出を求めますので書留にて郵送してください。
これらは返却できません。期限までに提出が無い場合は賞候補を取り消します。
⑩入賞作品の著作権は応募者に帰属します。
⑪主催者は入賞作品を無償で優先的に使用ができ、祭りの活性化のため積極的に使用又は提供します。その際、トリミング及び加工を施すことがあります。
⑫応募規定や応募方法などに違反したことが判明した場合は賞を取り消します。

出品料無料
出品点数枚数の制限なし
一般部門の応募作品は自動的にカレンダー/ホームページ部門の選考対象です。
応募方法①パンフレットにある応募票に必要事項を記入し、作品ごとに裏面右下に両面テープで簡単に貼ってください。のり付けは作品が波打ち曲がることがあり、セロハンテープは端から粘着物がはみ出て作品が傷つくことがあるので、落選とします。応募作品は返却しません。
②宛先票をのり付けした封筒に、応募作品を入れて送付してください。
③応募票・宛先票は風治八幡宮等のホームページからダウンロードできます。自作も可能です。
締め切り

 平成28年6月10日(金) 必着

 審査【一般部門】毎日新聞西部本社 写真審査会
【カレンダー/ホームページ部門】
当委員会 写真審査会
発 表入賞者/落選者ともに7月中旬に通知します。7月30日に表彰式、8月に写真展を予定しています。
送付先〒825-0018 福岡県田川市番田町1-38 香春火薬店内
川渡り神幸祭写真コンテスト実行委員会行(写真応募)
電話:0947-44-1167

 

 

 

※チラシより一部抜粋です。
詳細は写真コンテストチラシをダウンロードの上で内容をよくご確認ください。

写真コンテスト応募要項については、下記よりダウンロードください。

◆写真コンテスト応募用紙ダウンロード

 右クリックで[対象をファイルに保存]を選択→任意の場所に保存
        →adobe acrobat もしくはadobe reader にて開く

  [※無償のadobe reader はこちらからダウンロードください]

第53回 川渡り神幸祭写真コンテストチラシ《表紙》[pdf]
第53回 川渡り神幸祭写真コンテストチラシ《裏面[pdf]


内容についてのお問い合わせは、川渡り神幸祭写真コンテスト実行委員会まで。
◆写真コンテスト実行委員会連絡先:0947-44-1167