おしらせ

 

平成30年度 川渡り神幸祭の様子です

2018年 5月 28日

平成30年5月19日(土)・20日(日)両日に渡り盛大に執り行われました川渡り神幸祭の様子です。

 

一日日(お下り)

 

二日目(お上り)

まつりin田川実行委員会・大瀬さまより提供いただきました。誠にありがとうございます。

なお、第55回風治八幡宮川渡り神幸祭写真コンテスト応募締切りは6/8(金)となっております。

応募作品の授賞式は、7/28(土)風治八幡宮夏越祭にて夕刻5時頃より行われます。

受賞者の方には連絡いたしますが、祭事についてはどなた様でもご参加可能ですので、ぜひ当日の様子をお楽しみください。

 

川渡り神幸祭前夜

2018年 5月 20日

奉祝 天皇陛下御即位三十年

 

 

 

 

花王・アタック《世界のよごそう祭り》~川渡り神幸祭~

2018年 5月 6日

 

「楽しい祭りは、大抵よごれる?」


そんな問いかけを検証すべく、日本と世界の知られざる「よごれるけど楽しいお祭り」を紹介するこの連載。
今回ご紹介するのは、風治八幡宮の「川渡り神幸祭」
450年以上の伝統を持つこのお祭りは、かつてこの地域に広まった疫病を鎮めてもらったお礼として神社に「山笠」を奉納したことに始まると伝えられています。
(花王アタック よごそう.comより)

 


 

風治八幡宮川渡り神幸祭が「世界のよごそう祭り」に選ばれ紹介されています。

川に入り水と汗と泥にまみれて汚れた法被や衣装をチャートにして、祭りの盛り上がりと汚れ方を視認化。

川に入れるのは神輿と山笠だけと、泥汚れになるのは一部の人だけなので「よごれ度」は低いですが、「興奮度」「力強さ」が高く楽しい祭りと紹介していただいています。

イタリアのオレンジ祭りやスペインのトマト祭りといった、世界的に有名なお祭りとともにご紹介いただきとても光栄です^^

他にも世界の伝統行事や日本の奇祭といった祭りが取り上げられているのでご覧ください。

世界のよごそう祭:https://yogoso.com/festival/

川渡り神幸祭編はこちらから

 

 

【動画】田川PV 「蕾 tsubomi ~光咲くまち~」

2018年 4月 27日

田川市制作の田川市プロモーション動画にて、当神社の風景や川渡り神幸祭の様子が映し出されているのでご紹介いたします。

市の歴史や自然、文化など様々な地域資源や魅力を広く発信するため、プロモーション動画及びパンフレットを制作しました。

◆内容

カメラマンを志し、東京で修行に明け暮れる主人公・皐月が、初夏の神幸祭に活気づくふるさと(田川市)に久しぶりに帰郷する。住んでいた頃には気付かなかった  故郷の魅力や、レンズを通して見た街並み、自然の美しさ、人々の温かさに触れる  うちに「ふるさとの魅力をたくさんの人に伝えたい」と強く思うようになるストーリー。音楽、キャストを「オールたがわ」にこだわり、音楽は、田川市出身者の楽曲を使用し、主人公・皐月役の大和田紗希さんをはじめ主な出演者は、田川市出身又は在住者、在職者としました。

◆監修

脚本家・中島かずき氏(たがわ魅力向上大使)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この動画とテーマを合わせた田川市の観光パンフレットを作成しています。

田川市役所HPより、「観光・イベント」→田川市プロモーション動画”蕾 tsubomi 光咲くまち”へお進みください。

(直リンクはこちら

 

追記:

田川市のプロモーション動画が、第7回観光映像大賞のファイナリストに選ばれました。

今年20周年を迎える米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)が、全国各地の観光プロモーション映像を募集し、映画的魅力にあふれた作品を表彰する第7回観光映像大賞の国内10作品のファイナリストが4月19日に発表されました。
ここで、田川市プロモーション動画「”蕾tsubomi~光咲くまち~”」がファイナリストに選ばれました。
大賞は、6月4日(月曜日)開催される第7回観光映像大賞受賞式(渋谷ヒカリエ:東京都渋谷区)で発表されます。
授賞式には、田川市長が出席します。

田川市プロモーション動画別ウィンドウで開きます

⇒「旅もじゃサイト」(http://www.tabimoja.com/kankou7/)

PDF 2018観光映像大賞ファイナリスト決定リリース 別ウィンドウで開きます(PDF:986.5キロバイト)

 

 

平成30年川渡り神幸祭・日程とアクセスについて

2018年 4月 25日

◆開催日
平成29年5月19日(土)・20日(日)の2日間

 

◆場所・スケジュール
風治八幡宮ならび彦山川周辺
添付資料会場図スケジュール(PDF:約8M)

 

◆駐車場
田川市役所(約800台)
福岡県立大学(約200台)
福岡県田川県土整備事務所(約100台)
・旧東田川ボウル跡地(約300台)

当日は交通規制があります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※まつり当日、田川市役所からまつり会場まで15分間隔で無料シャトルバスが運行します。ご利用ください。

 

◆無料シャトルバス

(1)運行区間
田川市役所(駐車場) ⇔ たがわ情報センター(まつり会場そば)

(2)運行日時
5月19日(土曜日) 11時00分~22時00分
5月20日(日曜日) 9時00分~19時00分 

※15分間隔で運行

 

◆公共交通機関

JR
(1)博多駅(福北ゆたか線) ⇒ 新飯塚駅(後藤寺線) ⇒ 田川後藤寺駅(日田彦山線) ⇒ 田川伊田駅 下車 徒歩すぐ
(2)小倉駅(日田彦山線) ⇒ 田川伊田駅 下車 徒歩すぐ

 

平成筑豊鉄道
(1)直方駅(伊田線) ⇒ 田川伊田駅 下車 徒歩すぐ
(2)行橋駅(田川線) ⇒ 田川伊田駅 下車 徒歩すぐ

 

西鉄バス
(1)西鉄天神高速バスターミナル(1番乗り場、後藤寺・伊田駅特急) ⇒ 伊田駅(※1) 下車 徒歩すぐ
西鉄後藤寺行き特急は終点の西鉄後藤寺営業所で乗り換えが必要です。

(2)博多駅バスターミナル ⇒ 福岡空港 ⇒ 西鉄後藤寺営業所(乗換) ⇒ 伊田駅(※1) 下車 徒歩すぐ

(3)小倉駅バスセンター ⇒ 南大通り(※1) 下車 徒歩すぐ

(※1)当日は「南大通り臨時バス停」 が最寄りです。

 

◆まつりのみどころ

<1日目>

各町内から出た11台の山笠が午後1時ごろ風治八幡宮前に集まり、 神幸祭典執行の後、神輿(みこし)の出発に先立ち、「お立ちの獅子舞」が奉納されます。

雌雄の獅子のまわりを美しく着飾った子どもたちが楽に併せて舞う中、神輿2基を先頭にいよいよ出発です。JR田川伊田駅前広場で練りまわったのち、午後3時30分ごろ、香春岳を望む彦山川畔に結集。神輿に続いて大バレンを立て、緋(ひ)色の旗差物も 鮮やかな幟(のぼり)山笠が、鉦太鼓(かねたいこ)をとどろかせて川に入ります。

いなせな采配(さいはい)振りが台上から号笛などを吹き鳴らすなか、若衆たちが 山笠を揺すりに揺すって気勢をあげ、互いに水しぶきを掛け合うシーンは 川渡り神幸祭のクライマックスです。

こうして対岸の御旅所へ到着。今度は「お着きの獅子楽」が奉納され、神輿、山笠ともに 御旅所へ泊ります。

 

<2日目>

午前12時ごろから、御旅所広場でひとしきり練りまわったのち、午後1時30分ごろから、神輿を先頭に1日目とは逆の順番で山笠が再び彦山川へ入り、前日同様の壮烈な水合戦を行ったのち、宮に戻ります。

筑豊を代表するこの勇壮で、豪華絢爛な川渡り神幸祭が終われば、筑豊はもう初夏。

この祭りを合図とするかのように、農家の苗代づくりが始まります。

 

 

第55回 川渡り神幸祭写真コンテスト応募要項

2018年 4月 17日

-第55回-
風治八幡宮川渡り神幸祭写真コンテスト開催のお知らせ

【応募期間】平成30年5月18日~6月8日締切

【応募規定】平成30年5月18日(祭り前日)~5月20日

詳細は下記PDFをダウンロード、もしくは神社ほか各施設にて配布しているチラシをご覧下さい

 

 

 

 

平成30年度 川渡り神幸祭全体打合せ会議

2018年 4月 16日

本日13時より平成30年度「風治八幡宮 川渡り神幸祭」における全体打合せ会が行われました。
各区山笠の出駕調査から、今年も全区出駕表明をいただき、いよいよ5月19日(土)、20日(日)のお祭りに向けての準備が始まります。

本年の出駕順は次の通り。
当番地区 栄町
2 橘区
3 下魚町区
4 新町区
5 鉄砲町区
6 番田町区
7 大通り区
8川端町区
9下伊田区
10 三井伊田区
11 上伊田東区

 

平成30年 川渡り神幸祭オリジナル扇子販売開始のおしらせ

2018年 4月 9日

今年の当番区、栄町カラーの扇子が完成したようです。このままお祭り全体を引っ張って下さいね!!

また、昨年ご要望の「上伊田西 獅子楽保存会」さんも地区名に仲間入り!!

今年も祭りを大いに楽しみ、大いに盛り上げて参りましょう!!!!

(販売元:特定非営利活動法人 風治さつきの会)

 

第54回川渡り神幸祭写真コンテスト受賞作品発表

2017年 8月 14日

平成29年(2017)
第54回風治八幡宮
川渡り神幸祭写真コンテスト入賞作品

写真コンテストの結果が発表されました。
例年と一味違ったアングルの写真も多く、どれを選考するか審査員たちをうならせました。
僅差の中で選ばれた栄誉ある作品を発表いたします。

以下、受賞作品をPDFファイルにて、ご紹介します。
尚、入賞作品のPDFファイルは、すべて川渡り神幸祭写真コンテスト実行委員会様よりいただいたものです。

 

ごあいさつ
入賞者報告
入賞者作品集(カレンダー部門)
 入賞者作品集(ホームページ部門)

 

 

 

 

平成29年度 川渡り神幸祭、斎行いたしました

2017年 5月 27日